ライフイベントとストレス

2016年7月13日

私たちは生きていくうえで、さまざまなライフサイクルを経ていきます。出会い(結婚など)もあれば。別れ(離別、死別、離婚)もつらさもあります。

どんな別れもつらいもので、特に親子との別れはしばらく悲嘆の日々が続くものです。

こうしたライフサイクル上の出来事(=ライフイベント)は、上手に乗り越えていかなければ。ストレスの元凶や心身の不調や生きがいの喪失ともなります。

以下は、米国の精神科医らが作成したライフイベントのストレス評価点の表です。日本と米国との文化の相違はあるでしょうから、参考程度にやってみてください。

1年間のストレスの強さが合計300点以上だと80%、150~299点は50%、150点未満は30%の人が翌年に心身の不調に陥るといわれています。

 

□配偶者の死 100       □ 離婚 73          □夫婦の別居 65

□ 刑務所などへの勾留 63   □ 近親者の死 63         □自分のけがや病気 53

□結婚 50          □ 解雇 47          □夫婦の和解 45

□退職や引退 45       □家族が健康を害する 44    □ 妊娠 40

□性生活がうまくいかない 39 □新しく家族のメンバーが増える39□仕事の再調整 39

□経済状態の変化 38     □親友の死 37                   □職種換えまたは転職 36

□夫婦の口論の回数が変わる 35 □ 100万円以上の抵当(借金)31 □ 抵当流れまたは借金 30

□仕事上の責任の変化 29    □子供が家を去って行く 29 □身内のトラブル 29

□優れた業績をあげる 28    □妻の就職、復帰、退職 26 □復学または卒業 26

□生活状況の変化 25      □生活習慣を変える(禁煙など) 24  □上司とのトラブル 23

□勤務時間や勤務条件の変化 20  □転居 20         □学校生活の変化 20

□レクリエーションの変化 19  □宗教活動の変化 19    □社会活動の変化 18

□150万円以下の抵当(借金) 17 □睡眠習慣の変化 16   □家族だんらんの回数の変化 15

□食習慣の変化 15       □ 休暇 13                                □クリスマス・お正月 12

□ちょっとした法律違反 11

(カウンセラー日記)